ゴルフ会員権のお問合せ・ご相談を24時間受付中
みずなみカントリー倶楽部 新規会員募集
ゴルフ会員権お値打ちにお売りします。
ゴルフ会員権高価買取
白鳳カントリー倶楽部のゴルフ場詳細情報
白鳳カントリー倶楽部
ゴルフ場住所 286-0811
千葉県成田市磯部8番地 678-1256
電話:0476-36-1131 FAX:0476-36-1136
道 順 成田ICから成田方面へ向かい、国道51号線の立体交差を直進。成田線ガードをくぐり右折、県道成田滑川線に入り、約4kmでコース。
ホームページ
基本情報
開場日: 1983/10/8 休 日: 年中無休(月曜セルフプレー)
ホール: 18 H Par 72 6805 yard  レイアウト: 丘陵
設 計: 大久保 昌 用地面積: 75万u
ハウス設計: ハウス施工:
ハウス面積: グリーン: ベント
練習場: 220m30打席 加盟団体: JGA・KGA
コース概要: ゆるやかな丘陵に広がり、池を配して戦略的な要素を盛り上げている。バンカーの存在も効果的で、グリーンから離れたところに置かれたり、フェアウェイに深く張り出してプレーヤーを眩惑する。しかしこのコースを印象づけるのはあくまでも池である。完璧なショットをつなげてはじめてパーが取れるというタフなホールが多い。特に上がり3ホールは距離と池の絡みが絶妙で1打として気が抜けず、またそれが面白さを増している。
プレースタイル: キャディの人数に応じてキャディ付きとし、それ以外はセルフ。歩きと乗用カートの併用。1組4人が原則だが、状況によりツーサムも可。
予約方法: 平日は会員の紹介で1組、会員1名の同伴で3組まで。予約は2カ月前から。5組以上のコンペは6カ月前から受付け。土・日・祝は不可。
スパイク使用:
クレジット: AMEX UC VISA ダイナース JCB
宿泊施設: なし
送迎バス: JR成田駅・西口から運行(土・日・祝のみ)8時40分発。
会員権書類情報
譲渡書類
○会員証
○名義書換申請書
○印鑑証明書[3ヶ月以内] ◆法人/法人印鑑証明書
○バックタグ・ボストンタグ・帽章 ※紛失届[規定紙]
※再生計画に基づく無額面のプレー会員権[譲渡可]の差替え発行済み
入会書類
○経歴書
○誓約書
○印鑑証明書[3ヶ月以内]
○住民票[3ヶ月以内] ◆法人/登録者
○写真2枚[5×5cm]
○預金口座振替依頼書[年会費用・後日配布]
◆法人/法人印鑑証明書+登記簿謄本
ゴルフ場ニュース
2014/02/01
名義書換を停止します。
【名義書換停止日】
平成26年2月1日 〜
2013/08/08
新設分割によるゴルフ場経営変更
ユニマットゴルフマネジメントは、新設分割により新設する(株)ユニマット北総開発に所有する白鳳カントリー倶楽部の資産及び施設を含むゴルフ場運営事業に関する権利義務を平成25年8月1日より承継させました。
【新設会社】
株式会社ユニマット北総開発 代表取締役:橋洋二
2011/01/10
資格変更の受付を終了
資格変更を予定通り平成22年12月末日で受付終了となりました。
[資格変更とは]
異なる会員種別、例えば平日会員→正会員の変更
2008/06/04
ユニマットリバティー、資産管理会社を吸収合併へ
ゴルフ場事業会社である(株)ユニマットリバティーは、グループゴルフ場の資産保有会社である(株)ユニマットヒルズとホテル・リゾート施設保有の(株)ユニマットガイアと合併し、2社の権利・業務をすべて継承して存続し、2社は解散することに決めた。
5月28日付け、官報で公告しており、合併期日は7月1日を予定。
昨年4月1日付けでゴルフ場保有会社を合併し(株)ユニマットヒルズに統一していたが、今回の合併でゴルフ場の運営・所有資産の管理とも(株)ユニマットリバティーに統一される。
=ゴルフ特信 提供=
2007/03/28
ゴルフ場保有会社を合併
◇経営の効率化で、統合後会社名は(株)ユニマットヒルズ◇
(株)ユニマットリバティーは、グループゴルフ場の保有子会社11社を合併し、1社に統一する。
合併するのは中軽井沢CC(長野)を経営する(株)中軽井沢カントリークラブと、レインボーヒルズGCの(株)ユニマットヒルズ、多古CCの(株)多胡開発、白鳳CCの空港エンタープライズ(株)、矢板CC(栃木)の(株)矢板レインボーズ、東京バーディC(東京)の(株)東京バーディクラブ、ユーグリーン中津川CC(岐阜)の青木ヶ原高原開発(株)、オリエンタルGC(兵庫)の(株)オリエンタルゴルフ倶楽部、山口レインボーヒルズ関門菊川GC(山口)など3コースを(株)山口レインボーカントリークラブ、ユニマット沖縄GC(沖縄)の(株)ユニマット沖縄ゴルフ倶楽部、ユニマット山口GC(山口)の(株)ユニマット山口ゴルフ倶楽部。
存続会社は(株)中軽井沢カントリークラブで、合併とともに称号は4月1日付けで(株)ユニマットヒルズに変更。
会員権発行会社の称号が変更されることになり、4月1日以降発行される会員証券は新社名となる。
ゴルフ場運営は従来通り(株)ユニマットリバティーで、買収で増えている資産保有会社を合併することで経営の効率化を図るという。
2005/04/13
再生計画案可決
空港エンタープライズ(株)の債権者集会が3月16日に開かれ、スポンサーの資金注入型の再生計画案が可決し、同日東京地裁から認可決定を受けた。昨年12月17日に再生法の適用を申請(開始決定12月24日)し、3ヵ月後には債権者集会を開き認可決定を受けるという、短期間の手続となった。
決議結果は、出席債権者数1223名の内、99.67%に当たる1219名の賛成、議決権総額は94.69%の賛成で可決要件を満たした。
再生法申請前にファイナンシャル・アドバイザーを通じて、ユニマット・グループをスポンサーに選定した。計画案によると、同社の全資本金・7億8500万円を無償減資し、その後増資分の1000万円をユニマット側がすべて引き受ける。ユニマット側は同社に対して、14億9000万円の融資を行う。再生計画案の認可決定確定後に三井化学が21億7000万円の資金を同社に供与するとした内容になっている。
債権者1386名の再生債権総額75億9008万円余「会員1372名の預託金75億3093万円」に対して、36億円以上の資金の調達に目途が付いたことから、債権者への弁済率が高くなった。会員については「退会の有無にかかわらず50%を認可決定確定後3カ月以内に一括弁済する」としている。また、会員権は無額面で譲渡可のプレー会員権に差し替えるとしている。
2004/12/17
名義書換停止のお知らせ
2004/12/17より名義書換停止
2004/12/17
民事再生手続き開始申請のお知らせ
白鳳CC(千葉県)の経営会社で、三井化学(株)の子会社である空港エンタープライズ(株)は、平成16年12月17日に東京地裁へ民事再生手続開始を申請しました。
負債総額は約77億円。
会社側では(株)ユニマットホールディングの子会社になる予定としている。
1999/12/01
名義書換再開のお知らせ
1999/12/1より名義書換再開
名義書換料[正会員]105万
名義書換料[平日会員]52.5万