ゴルフ会員権のお問合せ・ご相談を24時間受付中
みずなみカントリー倶楽部 新規会員募集
ゴルフ会員権お値打ちにお売りします。
ゴルフ会員権高価買取
名古屋ヒルズゴルフ倶楽部ローズコースのゴルフ場詳細情報
名古屋ヒルズゴルフ倶楽部ローズコース
ゴルフ場住所 509-0265
岐阜県可児市西帷子125番地の1 678-1256
電話:0574-65-6060 FAX:0574-65-7311
道 順 小牧東ICから尾張パークウェイ利用。清水ICで降り国道41号線を美濃加茂方面に向かい、帷子ICで降りクラブ標識に従いコースへ。名神高速道路・小牧ICからは国道41号線を美濃加茂方面に向かい帷子ICからコースへ。
ホームページ
基本情報
開場日: 1989/10/3 休 日: 1〜2月の毎週月曜日 12月31日 1月1日
ホール: 18 H Par 72 6,398 yard  レイアウト: 丘陵
設 計: 鈴村照男 用地面積: 109万u
ハウス設計: 東海設計 ハウス施工: 清水建設
ハウス面積: 4,290u グリーン: ベント
練習場: 200Y 16打席 加盟団体: JGA CGA
コース概要: アウトはバンカーのないバーディチャンスの1番ホールに始まり、5番のショートホールはグリーン手前に池が待ち構えている戦略性の高いホール。風によっては、ロングアイアンが必要だ。8番は第1打がやや打ち下ろしで、セカンドから左にゆるやかにカーブするロングホール。2オンを狙うとフェアウェイ、グリーン周りにポットバンカーが待ちうけている。
プレースタイル: 全組キャディ付き。歩いてのラウンド。1組4人が原則だが、状況によりツーサムも可。
予約方法: 平日は3ヶ月前の1日7寺から16時まで。土日祝は8週間前の同曜日から。
スパイク使用:
クレジット: UFJ マスター
宿泊施設: なし
送迎バス: なし
会員権書類情報
譲渡書類
○会員資格証書[裏面署名実印捺印]
○会員権譲渡承認請求書
○委任状
○ネームプレート ※紛失届
○印鑑証明書[3ヶ月以内]
○住民票[住所変更の場合]
◆法人/印鑑証明書+登記簿謄本
入会書類
○入会申込書
○会員権譲渡承認請求書
○誓約書
○委任状
○入会保証金預り証書
○印鑑証明書[3ヶ月以内] ◆法人/登録者+法人
○住民票[3ヶ月以内] ◆法人/登録者+登記簿謄本
○顔写真3枚[4×3p・カラー]
◆法人/会社案内
ゴルフ場ニュース
2014/08/09
正会員補充募集
【募集期間】
平成26年8月18日より定員に達するまで
【募集要項】
■種 別 正会員[個人・法人1名記名式] 100口
■金 額 450,000円(税別) ※預託金なし
■年会費
個人正 30,000円・法人正 40,0000円(引継不可 月割精算)
※募集期間中の名義書換停止なし。
2012/02/01
名義書換料の預託金充当制度実施
平成24年2月1日より年内まで名義書換料を預託金充当によって書換料の低減が行える制度を実施します。
【制度利用の名義変更料】
■正会員 525,000円 → 157,500円(消費税込み)
充当上限額 350,000円
2010/06/15
名義変更入会キャンペーンを実施
相続・生前譲渡の名義変更料と登録者変更入会キャンペーンを実施。
【キャンペーン期間】
2010年7月1日 〜 12月31日書類受付分まで
【名義書換料】
相続     210,000円 ⇒ 105,000円(消費税込)
生前譲渡   210,000円 ⇒ 105,000円(消費税込)
登録者変更  210,000円 ⇒  52,500円(消費税込)
※一般譲渡525,000円の名義変更料は通常通り。
2008/05/14
セラヴィリゾートが更生法申請、負債が約220億円
ゴルフ場経営に一時期進出し、現在でも公営ゴルフ場の管理・運営会社に出資しているセラヴィリゾート(株)と関係会社のセラヴィリゾート泉郷は、5月6日に東京地裁へ会社更生法の適用を申請。
ゴルフ場名をセラヴィGCローズCとして経営してきたものの、「飲食業、ホテル事業に特化する」として、昨年8月にその株式をPGMグループに売却している(現ゴルフ場名は名古屋ヒルズGCローズCでPGMが運営)。
今回の事態で同ゴルフ場の管理・運営面への影響が懸念されるが、県企業局では「現在は、セラヴィリゾートの持株は30%で、TK清里が50%で筆頭株主となっており、特段の影響はない」と説明している。
ちなみに、セラヴィグループは事業の拡大に伴い多額の投資を行ってきたが、投資が固定化して資金繰りが悪化し今回の事態となったという。
セラヴィリゾートの負債は約220億円、セラヴィリゾート泉郷が約140億円。
=ゴルフ特信 提供=
2007/11/13
コース名変更のお知らせ
2007/11/20よりコース名が変更となりました
旧コース名:セラヴィゴルフ倶楽部ローズコース
新コース名:名古屋ヒルズゴルフ倶楽部ローズコース
2007/09/07
PGグループが買収
東証一部上場のPGGIH(株)の連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズ(株)は、(株)セラヴィホールディングスから平成19年8月31日にセラヴィゴルフ倶楽部ローズコースを経営する(株)シンコーゴルフ倶楽部の全株式を取得し、子会社化した。
(株)シンコーGCは、平成14年12月に名古屋地裁から民事再生計画の認可決定を受け、スポンサーとなったセラヴィグループにより15年3月からゴルフ場名を現名称(旧・シンコーGCローズC)に変更して営業。
継続会員に対しては、会員権の分割等を行った上で、預託金の95%カットし残り5%を預託金(平成19年まで据置き)とする新証券を発行している。
PGグループでは経営会社の株式取得であり、会員のプレー権及び預託金は継承する。
(株)シンコーGCの19年3月期決算は売上高が4億1100万円で経常利益及び当期純利益は800万円の損失、総資産は13億700万円だった。
8月31日よりグループのPGMで運営を開始。
=ゴルフ特信提供=
2003/03/01
コース名変更のお知らせ
旧コース名:シンコーゴルフ倶楽部ローズコース
新コース名:ゼラヴィゴルフ倶楽部ローズコース
2002/01/09
民事再生手続き申し立てのお知らせ
(株)シンコーゴルフ倶楽部は、平成14年1月9日に名古屋地裁へ民事再生手続き開始を申請、10日に保全命令を受けた。
負債は約190億円。