ゴルフ会員権のお問合せ・ご相談を24時間受付中
みずなみカントリー倶楽部 新規会員募集
ゴルフ会員権お値打ちにお売りします。
ゴルフ会員権高価買取
山岡カントリークラブのゴルフ場詳細情報
山岡カントリークラブ
ゴルフ場住所 509-7607
岐阜県恵那郡山岡町下手向786−100 678-1256
電話:0573-56-3711 FAX:0573-56-3727
道 順 名古屋インターより中央自動車道瑞浪(土岐)IC経由にて約50分瑞浪より、橋の手前(交差点)を右折しますと小里城大橋へ向かいます。あとは道なりに直進します。
ホームページ
基本情報
開場日: 1987/10/5 休 日: 1月1日 12月31日
ホール: 18 H Par 72 6,868Y yard  レイアウト: 丘陵
設 計: 用地面積: 142万u
ハウス設計: レイモンド設計事務所 ハウス施工: 三井建設
ハウス面積: 4,092u グリーン: ベント
練習場: 200Y 加盟団体: JGA CGA NGK
コース概要: 昭和62年の開場以来、多くの方々から楽しくラウンドできると好評。上級者はもちろんアベレージゴルファーも何度もチャレンジしたくなる。18ホールすべてが南面のなだらかな丘陵地帯。一年中どこかで花が咲いている、自然のもてなしも大きな魅力の美しいコースです。
プレースタイル: キャディ付きかセルフの選択制。歩きと乗用カートの併用。1組4人が原則だが、状況によりツーサムも可。
予約方法: 全日とも通常予約と同様。会員の予約。土・日・祝は会員1名で5組まで。3ヶ月前から受付け。コンペセットあり。
スパイク使用:
クレジット: AMEX SAISON UC VISA マスター
宿泊施設: 提携旅館を紹介する。山岡滝観光温泉
送迎バス: なし
会員権書類情報
譲渡書類
○入会保証金預かり証書[裏書不要]
○印鑑証明書
入会書類
○印鑑証明書
○写真1枚[3.5×3p・カラー]
○他クラブ在籍証明書[無くても可]
ゴルフ場ニュース
2014/03/24
PGMグループの傘下へ
PGMホールディングス鰍フ連結子会社であるパシフィックゴルフプロパティーズ鰍ヘ、平成26年3月19日に山岡ゴルフ株式会社の全株式を取得しました。
2011/02/01
名義書換料の改定を行いました。
以下の通り、名義書換料を以下の通り改定致しました。
【適用期間】
平成23年2月1日〜
【名義書換料】
■正会員 210,000円(消費税込み)
■相続 105,000円(消費税込み)
■同一法人内 105,000円(消費税込み)
2010/08/05
名義書換料の減額を終了
平成21年12月4日付けにて、名古屋地裁に民事再生法を申請し、9月8日に認可可決を受けた同クラブは、平成22年2月1日より名義書換を解除 し、減額キャンペーンを行っていたが、この度終了しました。
【名義書換料】適用期間:平成22年8月1日〜
個人正会員 105,000円 ⇒ 525,000円)
相続     10,500円 ⇒ 105,000円)
同一法人内  52,500円 ⇒ 105,000円)
2010/01/07
名義書換を解除
平成21年12月4日付けにて名古屋地裁に民事再生法の申請し9月8日に名古屋地裁から認可決定を受た同クラブは、平成22年2月1日より名義書換を解除致します。
【名義書換料】適用期間:平成22年2月1日〜平成22年7月31日
個人正会員 105,000円(適用期間以降 525,000円)
相続     10,500円(適用期間以降 105,000円)
同一法人内  52,500円(適用期間以降 105,000円)
※但し、年会費完納済みされている事
2009/09/18
再生計画案が認可決定
山岡カントリークラブ・笹平カントリー倶楽部の経営母体のキクオカ綜業株式会社は、平成21年12月4日付けにて名古屋地裁に民事再生法の申請し、 再生計画案の書面投票を平成21年9月4日締切して、債権者数、議決権総額ともに可決要件を満たし平成21年9月8日に名古屋地裁から認可決定を受た。 スポンサー企業は、ゲイン・キャピタル株式会社(本社:東京都港区、設立年月日:2002年4月17日 代表取締役:タン ウイピン)で、譲渡金:山岡CCは7憶9281万円 笹平CCは3億2302万円となる。 認可決定となれば、退会会員には預託金の99%をカットして、再生計画認可確定後6ヶ月以内に1%を弁済。継続会員は預託金の1%を再預託(据置期間10年)メンバーとして残る。 名義書換解除時期としては、営業譲渡日より6ヶ月後に解除する予定。名変書換料は既報通りの一定期間は105,000円としてる。
2009/07/28
再生計画案を発表
山岡カントリークラブ・笹平カントリー倶楽部の経営母体のキクオカ綜業株式会社は、12月4日付けにて名古屋地裁に民事再生法の申請を行いましたが、キクオカ綜業株式会社が債権者に対して、再生計画案を以下の通り発表いたしました。再生計画案によると、スポンサー企業は候補企業が3社あったが、譲渡代金やプレー権の保障の点で有利な条件を提示した、ゲイン・キャピタル株式会社(本社:東京都港区、設立年月日:2002年4月17日 代表取締役:タン ウイピン)を選定した。譲渡代金は11億1583万3785円。会員に対する弁済は、預託金の99%をカットして、残りの1%を継続会員は再預託(据置期間10年)し、退会会員は再生計画認可確定後、6ヶ月以内に弁済を受けるとしている。年会費は両コース共に正会員31,500円。笹平カントリークラブの平日会員は21,000円となる。平成22年1月1日に請求として、名義書換え再開については当初は停止されているが、営業譲渡日より6ヶ月後に解除する予定。一定期間は525,000円を105,000円で受け付ける。再生計画案の決議は平成21年9月4日の締切りで書面投票で行われます。