ゴルフ会員権のお問合せ・ご相談を24時間受付中
みずなみカントリー倶楽部 新規会員募集
ゴルフ会員権お値打ちにお売りします。
ゴルフ会員権高価買取
十里木カントリークラブのゴルフ場詳細情報
十里木カントリークラブ
ゴルフ場住所 417-0803
静岡県富士市桑崎1016 678-1256
電話:055-998-1010 FAX:055-998-1014
道 順 裾野ICを出たら右に進み、道なりに進んで信号機のあるT字路を案内に従い右折。その後は道なりに進みサファリパークを越えコースへ。
ホームページ
基本情報
開場日: 1973/7/2 休 日: 毎週月曜日 12月31日 1月1日 1月中〜3月中の平日
ホール: 18 H Par 72 6,806 yard  レイアウト: 丘陵
設 計: 発知 朗 用地面積: 72万u
ハウス設計: ハウス施工:
ハウス面積: グリーン: ベント
練習場: 220Y 加盟団体: JGA
コース概要: 高原に展開し、起伏もゆるやか。隣接ホールとの間には両サイドに林があって各ホールとも独立した雰囲気をかもし出している。アウトは打ち上げ打ち下ろしが続き、3番から5番までは3連続池越えになるので慎重に。インもアウト同様変化に富むが池越えはひとつだけなので思い切り打てる。
プレースタイル: キャディ付きかセルフの選択制。乗用カート使用。希望すればツーサムも可。
予約方法: 会員の紹介が必要。予約は通常プレーと同様。
スパイク使用:
クレジット: 未加盟
宿泊施設: なし
送迎バス: なし
会員権書類情報
譲渡書類
○会員証券[裏面署名実印捺印]
 ◆法人/会社名・代表者名・登録人名
○名義書換申請書[署名実印捺印]
 ◆法人/法人名・代表者名・法人実印捺印
○印鑑証明書[3ヶ月以内] ◆法人/法人印鑑証明書
◇相続/代表相続人に名義書換せず、必要書類を添付し第三者へ譲渡可
入会書類
○入会申込書
○入会申込に伴う誓約ならびに推薦保証書[規定紙・推薦人実印捺印]
○資格審査票
○住民票[3ヶ月以内]
○写真2枚[3×4cm]
○預金口座振替依頼書[年会費用] ※入会承認後送付
◆法人/登記簿謄本[3ヶ月以内]
ゴルフ場ニュース
2011/06/10
名義書換キャンペーンを延長しました。
平成23年6月1日より、以下の期間まで減額キャンペーンを実施します。
【適用期間】
平成23年6月1日〜平成23年9月末日
【名義書換預託金】
■正会員 525,000円 → 262,500円(消費税込み)
■平日会員 262,500円 → 131,250円(消費税込み)
※キャンペーン期間中はトランスファー制度、家族入会割引は適用外
2011/04/05
名義書換料が改定されます。
名義書換料の値下げキャンペーンは平成23年3月末日で終了しました。
【名義書換料】
■正会員 262,500円 → 525,000円(消費税込)
■平日会員 131,250円 → 262,500円(消費税込)
※トランスファー制度、家族入会割引、シルバーカード割引は適用。
2010/10/04
名義書換キャンペーン期間延長
平成22年9月末日で終了する予定だった名義書換キャンペーン(名義書換料の値下げ)が、平成23年3月末日まで延長となりました。
【キャンペーン期間中の名義書換料】
■ 正会員  525,000円 ⇒ 262,500円(消費税込)
■ 平日会員 262,500円 ⇒ 131,250円(消費税込)
※キャンペーン期間中のトランスファー制度、家族入会割引、シルバーカード割引は適用されません。
2010/07/01
名義書換料期間限定値下げ
アコーディアゴルフの十里木カントリークラブは、 2009/5/1より9/30まで期間限定名義書換料値下げキャンペーンをしていましたが、今回も 以下の期間で名義書換料を値下いたします。
【名義書換料期間限定値下げン期間】
平成22年7月1日 〜 平成22年9月30日
■正会員    525,000円 → 262,500円(消費税込)
■平日会員   262,500円 → 131,250円(消費税込)
2010/01/20
年会費値上げ
アコーディア・ゴルフ 十里木カントリークラブは、2010/01/01より年会費(会計年度:1月〜12月)を値上げいたしました。
■改正前 [個人正会員]  31,500円 → 改正後 42,000円
■改正前 [平日会員]   15,750円 → 改正後 21,000円
2009/10/01
名義書換促進キャンペーン終了
既報のアコーディアグループの十里木カントリークラブは期間限定の名義書換促進キャンペーンを終了いたしました。
■ 個人正会員 262,500円 → 525.000円(消費税込み)
2009/01/10
名義書換促進キャンペーン
アコーディアゴルフは、十里木カントリークラブ・三島カントリークラブの2コースの期間限定にて名義書換促進キャンペーンを実施する。
但し、同一グループ会員権を取得する場合のトランスファー制度(名変料を30%割引で入会可能な制度)の併用はできない
減額期間 平成21年2月1日 〜 3月末日
■十里木カントリークラブ 個人正会員 525.000円 → 262,500円(消費税込み)
平日会員  262,500円 → 131,250円(消費税込み)
■三島カントリークラブ 個人正会員 315.000円 → 210,000円(消費税込み)
2008/03/14
アコーディア、3月末にグループ企業22社を6社に統合
3月31日にゴルフ場を保有する22社のグループ企業を合併で6社に統合する。
22社が保有するゴルフ場は計55コース。
代表者は全て竹生社長で、住所も全てアコーディアと同じとなっている。
因みに、アコーディアAHの付く会社は合併後に初めてゴルフ場を保有する会社となる。
【(株)アコーディアAH22】
◆(株)サンランド      
  ・サンランド那須C(18H、栃木)
  ・サンランド東軽井沢C(18H、群馬)
◆(株)十里木        
  ・十里木CC(18H、静岡)
◆(株)石川ゴルフ倶楽部  
  ・石川GC(27H、石川)
◆栗駒興発(株)       
  ・栗駒GC(27H、岩手)
2007/12/12
再生手続終結決定
(株)十里木は平成19年10月19日付東京地裁より再生手続の終結決定を受けました。
2007/11/27
名義書換再開のお知らせ
2007/12/1より再開
[正会員]  52.5万 [平日会員] 26.25万
2007/08/22
アコーディア、株主優待で5000円の優待券発行へ
東証一部の(株)アコーディア・ゴルフは、「株主優待制度」の導入を8月13日開催の取締役会で決めた。
優待制度は、今年9月30日現在の株主名簿などの記載されている株主に対し、同グループ系列のゴルフ場でプレーした場合に利用できる金券を贈呈するもの。
贈呈枚数は、1〜9株を保有する株主には1株につき「優待券(5000円分)1枚と、同伴者利用割引券(500円分優待券利用者の同伴プレーヤーが利用可の券)3枚」を贈呈する。
例えば9株を保有する株主には「優待券9枚+同伴者用割引券27枚」。
10株以上保有の株主に対しては「一律で優待券10枚+同伴者用割引券30枚」を贈呈する。
優待券の利用期間は、来年1月7日〜4月25日までと同7月14日〜9月12日までの計約5カ月半の金曜日のプレー。
同券で支払いが可能な費用は、グリーンフィ・諸経費・カートフィ≠ナ、キャディフィや食事代、税金などは対象外。
アコーディアが運営する124コースの内の一部を除き優待券は利用できるが、除くゴルフ場はまだ決まっていない。
優待券などを送付する12月中旬までには、利用できるゴルフ場を決めて株主に案内。
なお、アコーディアは株主優待制度導入の理由について「株主から事業に対する理解と支持を得るため」と説明している。
=ゴルフ特信提供=
2007/05/18
再生計画案、可決
昨年12月に民事再生手続きに入った鰹\里木の債権者集会が5月8日に開かれ、賛成多数で再生計画案を可決、東京地裁から即日認可決定を受けた。
同CCは、昨年10月30日付けでゴールドマン・サックス(GS)グループの桐谷重毅氏が代表取締役に就任して、同グループの傘下となった。
再生計画案によると、同社は再生計画認可決定確定から6ヶ月以内に取締役会を開催し、資本金の減資後に新規発行する株式の割当先を決めるとしている。
割当先は、同グループの潟Aコーディア・ゴルフクラブルフとみられる。
会員に関する再生条件は、退会会員に対しては預託金の95%をカットし、残り5%を計画案の確定の日から4ヶ月以内に一括弁済。
継続会員は、カット後の5%を新預託金(10年据置き)にするとしている。
2006/12/18
民事再生手続き開始申請のお知らせ
(株)十里木「十里木カントリークラブ」は、12月11日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し
た。
負債は約106億円。
GSグループの支援のもとで再建を目指す。
2006/12/11
名義書換停止のお知らせ
2006/12/11より名義書換停止
民事再生法申請の為