ゴルフ会員権のお問合せ・ご相談を24時間受付中
みずなみカントリー倶楽部 新規会員募集
ゴルフ会員権お値打ちにお売りします。
ゴルフ会員権高価買取
加茂ゴルフ倶楽部のゴルフ場詳細情報
加茂ゴルフ倶楽部
ゴルフ場住所 444-3262
愛知県豊田市立岩町字白土22 678-1256
電話:0564-86-2580 FAX:0564-86-3341
道 順 名古屋から猿投グリーンロード利用。力石ICで降り、国道153号を足助町に進み、国道420号線に入る。8q程進み、右折しコースへ。
ホームページ
基本情報
開場日: 1989/11/1 休 日: 1月1日 12月31日
ホール: 18 H Par 72 7,040 yard  レイアウト: 丘陵
設 計: 用地面積: 123万u
ハウス設計: 三井建設 ハウス施工: 三井建設
ハウス面積: 3,735u グリーン: ベント
練習場: 220Y 14打席 加盟団体: JGA CGA AGA
コース概要: ゆるやかな起伏の中に展開する18ホールは、それぞれに個性をもっている。アウト1番はなだらかな打ち下ろしのロング、5番はやや左ドッグレッグ、7番は池越えのショート、9番は右ドッグレッグのロング。インは池に関係したホールが多く、まず10番がティから220ヤード辺りまで左が池。12番もティショットが池越えで右側にのびている。
プレースタイル: キャディの人数に応じてキャディ付きとし、それ以外はセルフ。歩いてのラウンド。1組4人が原則だが、状況によりツーサムも可。
予約方法: 全日とも通常の平日に準ずる。
スパイク使用:
クレジット: JCB UFJ DC VISA 他
宿泊施設: なし
送迎バス: なし
会員権書類情報
譲渡書類
○名義書換申請書
○退会届
○印鑑証明書
○預託金証券[裏印要]
○パス券・ネームプレート ※紛失届[規定紙]
○委任状
○譲渡通知書
◆法人/登記簿謄本+法人印鑑証明書
◇相続/全相続人の同意書
入会書類
○名義書換申請書
○入会申込書
○写真1枚[4×3p]
○約定書
○経歴書
○印鑑証明書 ◆法人/登録者+法人印鑑証明書
○会則[署名・捺印] ◆法人/法人捺印のみで可
◆法人/登記簿謄本
ゴルフ場ニュース
2013/04/12
平日会員の名義書換料を減額します。
平成25年5月1日より、以下の通り平日会員の名義書換料が減額されます。
【名義書換料】
■平日会員 157,500円 → 105,000円(消費税込み)
2010/06/25
系列会社支援型の再生計画案可決
加茂ゴルフ倶楽部を経営し、再生手続中の東加茂開発梶i東京都新宿区、申請代理人=中野丈弁護士)の再生計画案は、6月16日に開かれた債権者集会で賛 成多数で可決し、同日東京地裁から認可決定を受けた。 決議結果は、出席債権者数1,820 名の内の96.10%に当たる1,749 名の賛成、議決権総額では84.37%の賛成で、再生法の可決要件を満たした。 計画案はスポンサー支援型で、同社の全株式を消却し、新たに発行する株式をスポンサーの 諏訪中央自動車学校(長野県諏訪市)に割り当てる。 会員に関する再生条件は、退会会員には預託金の97%の免除を受け、残り3%を平成23年6月30日から32年4月30日までの10年間で、 各年預託金の0.3%を弁済。継続会員には預託金の93.5%の免除を受け、残り6.5%を新預託金とし再生計画認可決定確定後10年据置きとして いる。据置期間満了後の退会会員には、その後の10年間で各年新預託金の0.65%を返還する。
2010/05/14
再生計画案を発表
平成21年12月14日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日、監督命令を受けた東加茂開発鰍ェ再生計画案を発表。 再生計画案によると、スポンサー企業を諏訪中央自動車学校(〒392-0012 長野県諏訪市大字四賀558)を選定し、 退会会員には預託金の97%をカット。3%を平成23年6月30日から平成32年6月30日までの10年間で各年0.3%を弁済。継続会員は預託金の93.5%をカットし、6.5%を10年据置し、退会を申し出た年から10年間で年0.65%を弁済するとしている。
2009/12/16
民事再生法の適用を申請
東加茂開発株式会社(資本金1億円、新宿区大久保2-1-3、代表前田親(ちか)利(とし)氏ほか1名)は、12月14日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請、同日、監督命令を受けた。 当社は、1967年(昭和42年)10月に設立、その後休眠会社となっていたものを83年4月に、現代表が営業権を継承したゴルフ場経営業者。 1989年11月にオープンした「加茂ゴルフ倶楽部」(愛知県豊田市、18ホール)の運営を手がけ、91年12月期には年収入高約10億2300万円を計上。 その後は、ゴルフ人口の減少や近隣ゴルフ場との競合激化で来場者数の落ち込みに加えて、プレー代の値引き等で年収入高はジリ貧推移、収益性は低調で財務状況は脆弱だった。 2008年からの深刻な不況で来場者数に回復は見らなく預託金償還のメドも立たない等で自力再建は困難と判断。
負債は預託金約113億3000万円を含めて約113億7000万円。